火ダルマ少女(前篇)


「恐怖の多い生涯しょうがいを送って来ました。」
 ――いわゆる「順列・組合せ」じゃないですが、 少々きゃくしょくをして、「ラーもの」ならばいく通りでも「ナリ」が出来るです。
 それは、おって「小説おはなし」にしていく(予定)として、みずかたいけんするのは(基本的に)イヤですが、ひとさまの「恐怖体験」をかせてもらうのは、心が安らぎます。
 ヒトというモノは「経験」のかさなるにつれ、こころキズいてますので、キズな頃の「ドーパミン(興奮)」より、「セロトニン(安らぎ)」系のしあわせを求めます。
 ゆるやかな「ゅうかつモード」ともえましょう。
 死ぬ間際まぎわになって「あれしたい、これしたい」ではこまりますから……。

 前置きが長くなりましたが、先頃のことです。この日は、しに春のきざしを感じます。
 町内会にて、とあるお話を聞かせていただく機会にめぐまれました――かずさん(仮名)という、ご高齢の男性。
「ありがとうね。」
 そう云って、和夫さんは(町内会館の)ストーブの前に、やおら腰を下ろしました。
 年に一度の「清掃活動ゴミひろい」をおこなったのです。もっとも、かおあわに近く、私も(たまには……)と思い、初参加しました。
 主婦おかあさんがたの作る「お汁粉しるこ」をすすりました。ストーブの火が、パチパチとぜていました。
 おだやかな空気の中で、私(を話し相手)に和夫さんがご自身の「オク」を語り始めたのです……。

 ――(すでに)定年退職されてから長いものの、和夫さんはずっと「高校教師」をされていました。
 そして彼が、(大学を卒業して)まだせんせいに成り立てとう、若かりし頃の話です。
 当時は、まだ(現在のように)防犯システムなどが確立されていません。そのため毎日、先生がたが交代で、校舎に「宿しゅくちょく」としてまりむのです。
 先輩教師から「そろそろ」とり当てられ、この日は和夫さんの番となったのでした。
「ああ、さようなら。」
 放課後の部活動クラブを終えて、最後に校舎を後にする生徒を見送り、(ギギィッ……)彼は校門をざしました。
 とっくに陽が落ちて、暗闇があたりをつつんでいました。
 そして「宿直室」へ身を向けると、……
御苦労ごくろうさん。」
 同じく当直とうちょくの、初老の教師がストーブにあたたまっていて、和夫さんに云いました。焼いたアンパンを、和夫さんへし出しました。
 夜明けまで、広い校内にいるのは二人だけです。
「ご馳走ちそう様です。」
 温かい麺麭パンを、和夫さんはほおりました。
 寝泊まりしながら、ほぼ毎時間(不審フシンなモノはないか)校内を見回るのです。
 宿直室(の座敷ざしき)で休み、まよなかになって――。ふっと(すられ)布団ふとんもぐっていた和夫さんは、
「じゃあ、たのむわ。」
 承知わかりました。起こされて、初老の教師と交代しました。
 草木も眠る丑三うしみつ時――。
 座敷からは、もういびきが聞こえます。和夫さんは懐中電灯を持って、ストーブの前から立ち上がりました。
 最初の見回りに歩きます。
 昇降口、廊下ろうか、教室のまど電灯あかりらされる、ひとい学校のなか。
(ヒトが殺されても分からないな。)
 そんなみょうな事も想像おもいます。見れた校内であっても、ゾクリとする。まあ、問題ナシ……。
 彼が校舎の二階への階段を上りきった時です。
(ポゥっ……)
 ――と、廊下の向こうに(手元とは別の)明かりがうつったのでした。

<つづく> 

M・I/ミートインダストリー(下)


 わたしは、「三流ゴシップ誌」に稿こうして、つないでいる――まらないターだ。
 ヤ〇ザの抗争いさかい、芸能スキャンダル、ウラ社会のウワサ……。いわゆる「アウトロー」で、(コンビニの雑誌だなでも)エログラビアにじって見かけるだろう。
 とある「情報源コネクション」から、こんなハナシを聞き付けた。
 スネにキズをもつ者や、借金まみれ――。「ケン」の支払いはおろか、病んでも「医者」にれない(のある)連中を、ツケや安いてやる医師がいるとう(真っ当なしゃか定かじゃないが)。
連絡先ナマエを教えてくれ。」
 そして、「取材ききとり」は(特定情報じょうほうせるコトを条件に)すぐに実現した。むしろ、話したがってるにも思えた。
 名を、伊藤ユウ医師――(いや)元・医師か。よわい三十のヤサ男ふう。としての届け出も、……
放棄うっちゃってるしさ。」
 氏は(カンバンを取り下げた)つなで、コップ酒をあおった。イイオトコ台無しの、明らかに「アルコール」。
 以下、かの医師の「現在イマ」に至るだい――。
 もう勉強の末、医学部に進学すすんだカレは、「みならいドクター」として付属病院へめた。
 ところが、線の細いに(目的感で)フタをして、「医者」にまでなったものの、ころは(確実に)っていた。
 いつしか、酒に耽溺おぼれるようになった。
 日々の医療つとめにも、支障さわりきたした――。病院をめて、小さな「クリニッ」をいたが(コレも続かず)、内科から外科までやる「のひぐら」をしている……。
 と、氏の「医者」になった――。そこを質問くと、ホトンド信じがたい「ートインストリー」と、消えた「」のキオおよんだのだ。
 ――(家族は)帰宅かえらないボクを、警察ぐるみで一晩さがした。翌朝、「じょ」の植込みに(素っぱだかで)たおれてるのを発見されたんだ。
 森崎君は、……
『御両親の都合つごうで転校しました。』
 子供のボクは「腺病質ひよわ」で、(小学校の教師も)頭をなやませていた(らしい)。そんな意識なかったが――「伊藤クン」は、いつも一人ボッチなのです。
(ダレかと会話する様にしながら……)
球投げキャッチボールしようぜ。』
 ついには、素裸フルチンでブっ倒れてるなんて「〇ガイざ」に至ったと云うワケさ。
「(ボク以外の)他人ヒトの理解では、ね」
 ――こうして、地元の「びょ」へ連れて行かれた。
 錠剤クスリのおかげで、(日常生活を送りつつ)中学生になっていた。ある時、フトした恐怖にられて「探した」――。ない。小学校のアルバムに(転校したにせよ)からない、「森崎コウ」――という少年の(いた)が。
『(オレたち)ずっと親友トモダチだよな。』
 自分の記憶たいけんを確かめ、り直すために「シゴ」についた。目指したんじゃない、自分をるタメ――。
 伊藤医師は、また焼酎さけを呷った。
「そう、功クンなんては……。」
 わたしは、今でも(伊藤医師の中で)二つのベクトルせめぎ合ってると想像した。
 自らを「診断しんだん」して、幼い時期の「精神びょ」をめての、現実的な悲しみ……。
 もう一つは、夢想的に(それでもまだ)ある日――スベがひっくり返るように、あのよる「食肉工場」から逃げびて、転校していたカレが、を訪ねてくる……。
(ひさしぶり、裕。)

 設備の老朽化ろうきゅうかにより(とうにを終え)、取りコワしと(その跡地は)マンション化の決まった「(かつての)食肉工場」。
 解体業こわしやの一人が、(煙草ホープに火をつけて)ガレキにを下ろし、ひろい上げた――白骨化した(小学生ぐらいの)足クビの様なモノ。
「きっと(野山やまの)サルの骨でも、」
 犬ッコロがくわえてきたんだろう、ブルっとしてほうり投げた(しかし、どう見ても……)。
 少子化により統合とうごうとなった小学校の「きゅう校舎」も、(同時に)取り壊される予定。
 生徒の声もさざめかない、ダレの目にも付かない(昇降口の)バコのウラに、(古ぼけてかすれた)名前のしるされた、上きが落ちている――「もりさきこう」。

<おわり> 

M・I/ミートインダストリー(中)


 児童こどもの目の高さ、背の低さ、身軽さゆえかった(また実際に)通りけた――樹木とフェンスのすき
 二人の少年が、ドキドキしながら「ートインストリー」へ足をみ入れます。
 あたかも「異界の森ジャングル」にまよんだ二匹のこうさぎ(も同然)。

 牛、豚、鶏――。(日没前ひるまは)いつものじょあたりが暗くなるとともに「もう一つのカオ」を見せます。
 おそろしい「工場」のが(少年へ)キバきます……。
 日のかげった薄闇やみに追いやられて、そろそろ進むと、搬入口クチを開けています。
(かちゃん。)
 と、外側ソトからロックのかる(脱出られない)――。ドキン、と二人のんぞがハネます。
 不可逆ヒキカエセナイ――。
 そう、「工場オオカミ」は二人のってしまいました。(少年の)イメージが「現実のモノ」となります。
「うわっ。」
 ――鉄のフックで(さかサマに)り下がった「ひとの剥き」。すっぽり「白いヒト」がチェックして、ブランブラン(れて)。
 こっちで「ゴロゴロ」とぶのは、れいとうの――(アッ)人肉です。明らかに、食用化された「」。
「ひいっ。」
 どれだけさけんでも、絶叫さけび足りません。口をおさえても、み上げます。
 すぐ逃げようにも、まだ未成長ちいさからふるえて……。
 コツコツ、ぴちゃぴちゃ……。向こうから(ユカしたたる)あかい血を長グツで踏んで「白いヒト」の姿カゲが――。
「裕、こっちだ。」
(功クン――。)
 勇気をしぼって、(何かのマシーンのぼって)へ身をかくします。
 ゴトゴトゴト……。
 ベルトコンベヤを「人のなま」がナガてきます。(切り落とされた)さき、モモ肉、ムネ肉、ヒトのカシラなどの各ライン。
 まっ漂白しろかあさんタチり分けます。
 下からす明かりに(二人が)目撃たのは、まさに「きりわけ」られようと……。
 大のオトナがはだかボウで立っています。たれて(脱力して)オートマチックットされます、ナミダしながら――。
 子供の知らない「」がございます。「あるつみ」をおかしたモノは、生きながらにして「工場おくり」。
 ――なんと「吉川先生」と、体育の「小松先生」でした。二人とも「こんしゃ」。もう、わかでしょう。(発覚後、おやごさクレームで)小学校をドウされた(という名目)。
 が、「真実ホント」は御覧ごらんのとおり――。
 まずは、小松先生から……。赤くまったコンベヤに四つんいで、ゴトゴト……。(その先に)マルいッタ
「あばばばば。」
 くぐり抜けると、カラダが「」にせつだんされます。おつぎは、……
「センセイっ。」
 かれの声がれて、(白いヒト達と)ハダカの吉川先生のが見上げました。

 そして、(当然)捕獲つかまった二人の少年はがされ、フルチンにされます。
「功クン。」
(裕――。)
 泣きながら、(無感情たんぱくな)白いヒトに歩かされます。シャワーをびて、アルデヒのプールへ――。
(……洗浄完了オールクリーン。)
 小学生コドモだろうと、「不法侵入ヒミツをみた」からには、おも切り分けられ(パックめされ)るでしょう。
「ううっ。」
 老いも若きも、男性おとこ女性おんなも大な「にく」に――。みんなハッピーで「お肉大き」「オイシイ、オイシイ」われて、き肉やミートボールになって、モグモグとられるのです。
「お、おかあさん。」
 そのとき、クイっと(二人のカタが)あらぬし向けられました。
(おかあさん。)
 気がいたら(背後ウシロの)白いヒトは、裕君の母でした。二人を脱出にがそうとします。
 ――少年等は、素足でけ出します。行く手の窓ガラスに身をり出した、裕君。
「功クンっ。」
 振り返ると、カレが――そこにませんでした。オレ達、ずっと親友トモダチだよな。
(功……。)
 裕君は、(いきおあまって)窓からソトのしげみへ落っこちました。
(は、走らなきゃ。)
 とだけ、脳裡アタマぎります。泣きながら……。

「それからだよ。」
 ボクが、「パック食肉にく」を喰えなくなったのは。
 云わずもがな――人間の、(どころか)友人の「アイツ」の肉がじってるかも知れないから、ね。
 ――と、伊藤ユウ医師は云った。

<つづく>